豪華アーティスト参加のヴェルヴェット・アンダーグラウンドのトリビュート盤からイギー・ポップが再構築した「European Son」が公開!

『I’ll Be Your Mirror : A Tribute to the Velvet Underground & Nico』は、豪華アーティストらが参加したヴェルヴェット・アンダーグラウンド1967年のデビュー・アルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ』のトリビュート・カヴァー・アルバム。9月24日発売(7月15日MLCニュース)の同作より、真打イギーの登場です。

〈以下メイカー・インフォメーションより〉
 

豪華アーティスト参加のヴェルヴェット・アンダーグラウンドのトリビュート盤からイギー・ポップが再構築した「European Son」が公開!

米プロデューサーの故ハル・ウィルナーが監修を務めたヴェルヴェット・アンダーグラウンドのトリビュート・アルバム『I’ll Be Your Mirror : A Tribute to the Velvet Underground & Nico』が9月24日(金)にリリースされる。同作からはカート・ヴァイル&ザ・ヴァイオレーターズによる「Run Run Run」、マット・バーニンガーによる「I'm Waiting For The Man」、コートニー・バーネットによる「I’ll Be Your Mirror」が先行公開されており、今回新たにイギー・ポップと元ズワンのギタリストのマット・スウィーニーが再構築した「European Son」の音源とリリック・ビデオが公開された。 

同作についてスウィーニーは以下のようにコメントしている。 

「ヴェルヴェット・アンダーグラウンドはロックンロールで最も優れたバンドでした。そして、イギー・ポップは現在でも最高のロックンロールの歌い手です。“European Son” でイギーと一緒に徹底的にロックした楽しい経験が、ヴェルヴェッツの長年のファンや新しい人たちに聴いてもらえることに、私は感激していると同時に恐縮しています」 

Iggy Pop, Matt Sweeney
European Son (Lyric Video)
コートニー・バーネット「I’ll Be Your Mirror」(8月30日MLCニュース参照
マット・バーニンガー「I'm Waiting For The Man」(8月2日MLCニュース参照
カート・ヴァイル&ザ・ヴァイオレーターズ「Run Run Run」(7月15日MLCニュース参照

アイコニックなジャケット写真が印象的な本作だが、通常盤のCDとLPに加えて、生産限定盤の黄色のカラーLPもリリースされる。ジャケットのバナナ部分が “Mirror(鏡)” に因んだシルヴァー・ホイル仕様となっている。限定枚数のみの販売となっているので、早めに予約しておこう。 

 また、10月15日(金)よりApple TV+にて公開されるヴェルヴェット・アンダーグラウンドのドキュメンタリー映画『The Velvet Underground』の新トレーラー映像も公開された。ボブ・ディランの半生を描いた『I'm Not There』や、映画『キャロル』などで知られる映画監督のトッド・ヘインズが初めてドキュメンタリーを手掛けた作品となっている。 
The Velvet Underground
Official Trailer | Apple TV+
9月24日(金)に発売されるトリビュート・アルバム『I’ll Be Your Mirror : A Tribute to the Velvet Underground & Nico』  の参加アーティストは以下の通り。   

イギー・ポップ&マット・スウィーニー、マイケル・スタイプ、アンドリュー・バード、ルシウス、カート・ヴァイル&ザ・ヴァイオレーター、セイント・ヴィンセント&トーマス・バートレット、サーストン・ムーア、ボビー・ギレスピー、キング・プリンセス、コートニー・バーネット、フォンテインズD.C、シャロン・ヴァン・エッテン&エンジェル・オルセン。

 <リリース情報>
アルバム『I’ll Be Your Mirror : A Tribute to the Velvet Underground & Nico』
2021年9月24日(金)
試聴/購入はこちら
商品情報
Various Artists
『I’ll Be Your Mirror: A Tribute to the Velvet Underground & Nico』 


CD(2021/9/24)輸入盤
1. Sunday Morning – Michael Stipe  
2. I’m Waiting For The Man – Matt Berninger
3. Femme Fatale – Sharon Van Etten (w/ Angel Olsen on backing vocals)
4. Venus In Furs – Andrew Bird & Lucius  
5. Run Run Run – Kurt Vile & The Violators
6. All Tomorrow’s Parties – St. Vincent & Thomas Bartlett  
7. Heroin– Thurston Moore feat. Bobby Gillespie
8. There She Goes Again – King Princess
9. I’ll Be Your Mirror – Courtney Barnett  
10. The Black Angel’s Death Song – Fontaines D.C.  
11. European Son – Iggy Pop & Matt Sweeney
商品詳細
ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ』


CD(2018/6/20)¥3,000
商品詳細
ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
『The Velvet Underground』


CD (1996/5/7)輸入盤
この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

THE DIG Special Edition ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド

2,160円
CROSSBEAT Presents グラム・ロック

CROSSBEAT Presents グラム・ロック

1,980円
ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984

ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984

3,850円

ディスク・ガイド・シリーズ #029 パンク USエディション

2,200円

RELATED POSTS

関連記事

LATEST POSTS

最新記事

ページトップ