ジャズ界伝説の来日公演に関する様々な証言=記憶、そしてメディアによる記録からその真実に迫る一冊。刊行記念のトークイベントも!

伝説のライヴ・イン・ジャパン 記憶と記録でひもとくジャズ史

著 小川隆夫

1952年のジーン・クルーパ・トリオに始まるジャズ・アーティストたちの来日公演と、日本のミュージシャンによる伝説的なセッションは、ジャズの最先端を日本に知らせるとともに、日本のジャズ界を刺激し、前進させる力を与えていた。

ジャズ・ジャーナリスト小川隆夫が、自らが行なったインタビューや、『スイングジャーナル』『ミュージック・ライフ』といった音楽専門誌、新聞や週刊誌など当時のメディアの記事を踏まえつつ、抜群の咀嚼力と構成力でまとめた迫真のドキュメンタリー。来日公演と国内ライヴの歴史は、日本のジャズの歴史の一面でもあることが、ここから浮き彫りにされる。

小川隆夫 (おがわ・たかお)
1950年東京生まれ。音楽ジャーナリスト、整形外科医、ギタリスト。77年東京医科大学卒業。81~83年、ニューヨーク大学大学院留学。留学中に、アート・ブレイキー、ギル・エヴァンス、デクスター・ゴードン、ウイントン・マルサリスなどのミュージシャンや、マックス・ゴードン(「ヴィレッジ・ヴァンガード」オーナー)、マイケル・カスクーナ(プロデューサー)といった関係者の知己を得る。帰国後ジャズを中心とした原稿の執筆、インタビュー、翻訳、イヴェント・プロデュースなどを開始。レコード・プロデューサーとしても多くの作品を制作。『ブルーノートの真実』(東京キララ社)、『証言で綴る日本のジャズ』(駒草出版)、『ジャズメン、ジャズを聴く』『ジャズ超名盤研究』『ビバップ読本証言で綴るジャズ史』(いずれもシンコーミュージック・エンタテイメント)など著書も多数。2016年にはエレクトリック・マイルスにオマージュしたバンド、Selim Slive Elementz を結成。2019年8月に2作目『VOICE』(ウルトラ・ヴァイヴ)を発表した。
 
────────────────

11月29日(金)発刊記念トークイベント開催!

『伝説のライヴ・イン・ジャパン 記憶と記録でひもとくジャズ史』刊行記念 小川隆夫トークイベント

音楽ジャーナリストの小川隆夫さんが、自著『伝説のライヴ・イン・ジャパン 記憶と記録でひもとくジャズ史』の発売を記念して、1950年代から70年代までに行なわれた伝説とも言えるジャズの来日公演が日本のジャズ界に何を刻んだのかを、名曲・名演と共に語ります。ジャズ・マニアの方はもちろん、ジャズに興味はあるけどよく知らないという方も、お楽しみいただけます。いい音楽といいエピソードで楽しくお過ごしください。

【日時】2019年11月29日(金)19:30〜20:30(開場19:15)
【会場】二子玉川蔦屋家電 2階ダイニング
   東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
   二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット
(問)03-5491-8550

二子玉川蔦屋家電イベント・ページ
https://store.tsite.jp/futakotamagawa/event/music/10792-1555271101.html

────────────────

「伝説のライヴ・イン・ジャパン 記憶と記録でひもとくジャズ史」

A5判 544頁
本体価格2,800円+税
11月22日発売

 
ジャズ超名盤研究 2

ジャズ超名盤研究 2

2,750円
ビバップ読本 証言で綴るジャズ史

ビバップ読本 証言で綴るジャズ史

2,420円
ジャズメン死亡診断書

ジャズメン死亡診断書

2,200円
ジャズメン、ジャズを聴く

ジャズメン、ジャズを聴く

2,200円

ページトップ