グリーン・デイ 振替公演

Green Day Japan Tour

当初2020年3月に予定されていたグリーン・デイ来日公演に関しまして、主催のクリエイティブマンより振替公演の発表がありました。
 
───────────────

グリーン・デイ振替公演詳細のお知らせ
2020年3月25日(水)インテックス大阪、3月27日(金)、28日(土)幕張メッセにて予定しておりましたグリーン・デイ来日公演の振替公演日程が2021年にて決定いたしましたのでお知らせいたします。
 
■振替公演日程
東京 2020年3月27日(金)幕張メッセ → 2021年3月26日(金)幕張メッセ
 
東京 2020年3月28日(土)幕張メッセ → 2021年3月27日(土)幕張メッセ
 
大阪 2020年3月25日(水)インテックス大阪 → 2021年3月29日(月)インテックス大阪
 
振替公演の日程のご都合がつかない場合は5月16日(土)~7月31日(金)の期間でお買い求めいただいたプレイガイドにて払戻しをいたします。振替公演にお越しのお客様はそのままチケットは有効になりますので、お手持ちのチケットは無くさず大切にお持ちください。チケットは各指定の振替公演日に限り有効となります。指定日以外の公演日にはご入場頂けません。
 
払い戻し詳細はこちら
 
尚、チケット再発売については3月27日(土)の東京振替公演のみ8月29日(土)からの発売を予定しております。3月26日(金)東京公演と3月29日(月)大阪公演はソールド・アウト公演のため、払い戻し期間終了後に再発売の有無を改めてご案内いたします。
 
クリエイティブマン/ライブネーションジャパン
 
クリエイティブマン グリーン・デイ来日公演HP

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 

グリーン・デイ
Green Day Japan Tour

世界最高のロックンロール・バンド! グリーン・デイ、8年ぶりの来日公演決定!! 新曲「ファザー・オブ・オール…」を突如発表し、遂に再始動の狼煙を上げた! 来年2月には13枚目となるニュー・アルバムをリリースする彼らが、絶好のタイミングで日本に帰ってくる!!

クリエイティブマン グリーン・デイ来日公演HP

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

大阪
・会場:インテックス大阪
・日時:2020年3月25日(水)  2021年3月29日(月)
・開場:18:00 開演:19:00
・チケット
 GOLDスタンディング(特典付 ※詳細後日発表)¥15,000 (税込・整理番号付き・ブロック指定)
 スタンディング¥10,000 (税込・整理番号付き・ブロック指定)
・INFO : キョードーインフォメーション TEL:0570-200-888

東京
・会場:幕張メッセ
・日時;
2020年3月27日(金)   2021年3月26日(金)
2020年3月28日(土)   2021年3月27日(土)
・開場:17:30 開演:19:00
・チケット
 GOLDスタンディング(特典付 ※詳細後日発表)
   ¥15,000 (税込・整理番号付き・ブロック指定)
 スタンディング
   ¥10,000 (税込・整理番号付き・ブロック指定)
・後援:J-WAVE
・INFO : クリエイティブマンプロダクション TEL:03-3499-6669

Green Day

ビリー・ジョー・アームストロング (Vo/G) マイク・ダーント (B) トレ・クール (Dr) 1986年、カリフォルニア州バークレーにて結成。1994年にメジャー・デビュー・アルバム『ドゥーキー』リリース、この作品を以てして〈パンク・ロック〉をメインストリームなものへと成し遂げ、全世界的なパンク・ムーヴメントを巻き起こした。1996年には初の来日公演を敢行。

以降のアルバム『インソムニアック』『ニムロッド』『ウォーニング』ではミリオンヒット・プラチナヒットを連発。2004年リリースのアルバム『アメリカン・イディオット』は、ロック・オペラというフォーマットを用いながら、アメリカが内包している社会問題に関して深いメッセージを残し、音楽的にもカルチャー的としても大きな影響を与えた意欲作となった。全世界1,500万枚の売り上げを記録。更にはグラミー最高賞である「最優秀レコード賞」を「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」にて獲得。文字通り、パンク史上初の快挙を成し遂げた。

2009年、『21世紀のブレイク・ダウン』をリリース。14ヶ国で1位を記録。2010年にはブロードウェイ・ミュージカル「American Idiot」がNYブロードウェイにて上演された。2012年は、『ウノ!』『ドス!』『トレ!』という3部作を2ヶ月毎に発表するという画期的なリリース手法にて話題を呼んだ。 2015年にはロック・ミュージックへの貢献を評価され、ロックの殿堂入りを果たした。 2016年、『レボリュ―ション・レディオ』リリース、全米、全英で1位に輝いた。同年、ビリー・ジョー初主演の映画『Ordinary World』が公開され、中年パンク・ロッカーという本人ともある種、重なる難しい役柄を見事に演じ切った。

2017年、これまでのアルバムより代表曲を網羅したベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ:ゴッズ・フェイバリット・バンド』をリリース。 そしてスタジオ・アルバムとしては通算13枚目となるニュー・アルバム『ファザー・オブ・オール…』を2020年2月7日(金)にリリースすることを発表した。 過去5回のグラミー賞受賞歴を誇り、全世界で通算7,000万枚以上のアルバム・セールス、ストリーミング等の合計再生回数で約100億回を誇る、名実ともに21世紀を代表するロック・バンドの一つである。


Green Day - Father Of All… (Official Music Video)

USオルタナティヴ・ロック 1978-1999

USオルタナティヴ・ロック 1978-1999

1,980円

ディスク・ガイド・シリーズ #029 パンク USエディション

2,200円
CROSSBEAT Presents from PUNK to POST-PUNK

CROSSBEAT Presents from PUNK to POST-PUNK

1,980円
ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984

ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984

3,850円

ページトップ