未だ健在、スコットランド出身の双子のロック・デュオ、ザ・プロクレイマーズが11枚目のアルバムをリリース!

そっくりのメガネ君2名からなるプロクレイマーズ。写真を見ると思い出しますよね。
_______________________________

〈以下、メイカー・インフォメーションより〉

前作もUKアルバムチャート26位を記録しヒット。「アイム・ゴナ・ビー(500マイルズ)」の大ヒットでも知られるスコットランド出身の双子のロック・デュオ、ザ・プロクレイマーズが自身11枚目のアルバム『アングリー・サイクリスト』をリリース。

プロデュース:デイヴ・エリンガ(ザ・フー、マニック・ストリート・プリーチャーズ他)

★アルバムより「Angry Cyclist」のビデオを公開中
 
【THE PROCLAIMERS "ANGRY CYCLIST"】
2018.9.19 ON SALE

アーティスト:THE PROCLAIMERS(ザ・プロクレイマーズ)
タイトル:ANGRY CYCLIST(アングリー・サイクリスト)
発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
品番:COOKCD707J[国内流通仕様]
価格:¥2,200+税

収録曲目:
1. Angry Cyclist
2. Stretch
3. Streets Of Edinburgh
4. Then It Comes To Me
5. You Make Me Happy
6. Looted
7. The Hours Between
8. Information
9. Sometimes It’s the Fools
10. A Way With Words
11. Classy
12. The Battle Of The Booze
13. I’d Ask The Questions
 

「僕の生涯を通して大好きなバンド。彼らは本当に劇的で、おおらかで、ユーモラスな情熱的な曲を書く」(俳優:デイヴィッド・テナント)

ザ・プロクレイマーズはチャーリー・リード&クレイグ・リードによるスコットランド出身の双子のロック・デュオだ。『This Is The Story』(1987)『Sunshine on Leith』(1988)『Hit The Highway』(1994)『Persevere』(2001)『Born Innocent』(2003)『Restless Soul』(2005)『Life With You』(2007)『Notes & Rhymes』(2009)『Like Comedy』(2012)『Let’s Hear It For The Dogs』(2015)と現在まで10枚のアルバムをリリース。特にセカンド・アルバム『Sunshine on Leith』は、ジョニー・デップ主演の映画『妹の恋人(Benny & Joon)』に使用されたシングル「I'm Gonna Be (500 Miles)」のヒットもあり、英でプラチナ・ディスク、米でゴールド・ディスクとなっている。また、目下の最新作『Let’s Hear It For The Dogs』もUKアルバム・チャート26位を記録する等、不動の人気を誇っている。当『Angry Cyclist』は3年振り、11枚目のアルバムで、バンドが今、ソングライティングのピークにあることを証明している。キャッチーなメロディ、ゴージャスなハーモニー、クレバーで鋭い歌詞、Dave Eringa(The Who、Manic Street Preachers、Idlewild 他)のプロデュースによる素晴らしいプロダクション等、アルバムは完璧な作りの作品となった。

■More Info:http://bignothing.net/cookingvinyl.html

The Proclaimers - Angry Cyclist (Official Video)

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

ページトップ