ラリー・カールトン、来日記念、生誕70年、アルバム・デビュー50年を記念した日本企画のベスト・ワークス・アルバム発売!

ロック~フュージョン~ジャズとジャンルを横断してリスナーを魅了するギタリスト、ラリー・カールトン。日本とも縁の深い彼のベスト・ワークを集めた編集盤リリースのニュースが届きました。
_____________________________________

〈以下、メイカー・インフォメーションより〉

来日記念、生誕70年、アルバム・デビュー50年、そして名曲「Room335」を収録したアルバム『夜の彷徨』の発売から40年の節目の今年、日本企画でラリー・カールトンのベスト・ワークス・アルバムが9月5日(水)にリリースされる。

自身のオリジナル・アルバムからは、もちろん1973年から2010年までレコーディングに参加した人気ヒット曲も多数収録した2枚組全26曲を収録したオールタイム・ベスト!


【リリース情報】

『ベスト・オブ・ラリー・カールトン・ワークス』

2018/9/5 発売
¥3,000+税/WPCR-18065/6

<収録曲>

■Disc1■
1.ルーム335:ROOM 335 /ラリー・カールトン from Larry Carlton(1978)
2.ルビー・ベイビー:RUBY RAB /ドナルド・フェイゲン  from The Nightfly(1982)
3.JAZZY BULLETS /ラリー・カールトン& Tak Matsumoto from Take Your Pick (2010)
4.淑女の想い:The Lady Wants To Know /マイケル・フランクス  from Sleeping Gypsy(1977)
5.ナイト・クロウラー:NITE CRAWLER /ラリー・カールトン from Larry Carlton(1978)
6.愛はまぼろし:I REALLY DON'T KNOW ANYMORE /クリストファー・クロス from Christopher Cross (1979)
7.タイト・スクイーズ:TIGHT SQUEEZE /ラリー・カールトン from Mr. 335 - Live In Japan(1979)
8.プレシャス・ラヴ:YOUR PRECIOUS LOVE /アル・ジャロウ&ランディ・クロフォード from Casino Lights(1981)
9.ラスト・ナイト:LAST NIGHT /ラリー・カールトン&イエロージャケッツFrom Casino Lights(1981)
10.ハウス・オン・ザ・ヒル:HOUSE ON THE HIL /ラリー・カールトン from Eight Times Up(1982)
11.トゥ・ビー・ウィズ・ユー:TO BE WITH YOU /アラン・トゥーサン  from Motion(1978)
12.ブルース・フォー・T.J:BLUES FOR T.J./ラリー・カールトン from Friends(1983)
13.フォー・ラヴ・アローン:FOR LOVE ALONE /ラリー・カールトン from Against All Odds(1984)

■Disc 2■
1.リオのサンバ:RIO SAMBA /ラリー・カールトン from Larry Carlton(1978)
2.ストライクス・トワイス:STRIKES TWICE /ラリー・カールトン from Strikes Twice(1980)
3.フィール・ライク・メイキン・ラヴ:Feel Like Makin /マリーナ・ショウ from Who Is This Bitch, Anyway?(1975)
4.ホイッスル・バンプ:Whistle Bump /デオダート from Love Island(1977)
5.愛はむなしく:NIGHTMOVES /マイケル・フランクス from The Art Of Tea(1975)
6.ザ・ローン・レンジャー:THE LONE RAMGER /ダン・シーゲル from Dan Siegel(1982)
7.瞳の中のレインボウ:RAINBOW IN YOUR EYES /アル・ジャロウ from Al Jarreau(1976)
8.サーチ(メインテーマ):THE SEARCH (Main Title Theme From Against All Odds) /ラリー・カールトン&ミッシェル・コロンビエ from Against All Odds(1984)
9.ザ・レイス:THE RACE /ラリー・カールトン from Against All Odds(1984)
10.タブー:TABOO /ジョン・クレマー from  Hush  (1981)
11.コールド・ダック・タイム:COLD DUCK TIME /ラリー・カールトン・フィーチャリング・カーク・ウェイラム  from Casino Lights '99 (1999)
12.ドント・クライ・ナウ:DON'T CRY NOW /リンダ・ロンシュタット from Don't Cry Now(1973)
13..夢飛行:SLEEPWALK /ラリー・カールトン from Sleepwalk(1981)


【来日情報】

2018/11/13(火), 14(水)
ビルボードライブ大阪

2018/11/15(木),16(金),17(土)
ビルボードライブ東京


【関連リンク】
ラリー・カールトン WMJサイト

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

ページトップ