トム・ロビンソン・バンドのギタリスト、ダニー・カストウが69歳で死去

トム・ロビンソン・バンドのギタリストで、ロビンソンと一緒に作曲も手掛けたことのあるダニー・カストウが、3月11日に69歳で亡くなりました。

ロビンソンもフェイスブックを通じ、カストウが月曜日の早朝に病院で亡くなったと発表しています。

「親友で元ギタリストのダニー・カストウが、月曜日にバースのロイヤル・ユナイテッド病院で亡くなり、非常にショックを受けている。

彼は両側の肺炎と肝臓に感染症を起こし、先週末は生命維持装置につながれ昏睡状態だったが、日曜日の朝に僕が妻とお見舞いに訪れた時は、落ち着いた状態で痛みなどないように見えた。

誰もが回復を願っていたが、日曜日の真夜中過ぎに容態が悪化し、月曜日の明け方近く静かに息を引き取った」

ダニー・カストウは、1976年12月にパンク・ロック/ニュー・ウェイヴ・バンドのトム・ロビンソン・バンドに加入し、バンドは1977年のデビュー・シングル「2-4-6-8 Motorway」がUKシングル・チャートのトップ5に入り、1978年のデビュー・アルバム『Power in the Darkness』は、70年代後半の典型的パンク・アルバムとして評価されました。しかしバンドは1979年10月に解散。

その後カストウは、80年代初旬にザ・スペクトレスとザ・プラネッツで演奏し、80年代中盤には、再びトム・ロビンソンと活動。80年代後半には一時的に再結成したトム・ロビンソン・バンドのライヴに出演していました。

最近では、2017年11月にロンドンの「100クラブ」で行われたトム・ロビンソンの公演にゲスト出演し、ヒット曲「2-4-6-8 Motorway」を演奏しています。

ご冥福をお祈りします。

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

CROSSBEAT Presents 80年代洋楽完全ガイド<シンコー・ミュージック・ムック>

1,944円
CROSSBEAT Presents from PUNK to POST-PUNK<シンコー・ミュージック・ムック>

CROSSBEAT Presents from PUNK to POST-PUNK <シンコー・ミュージック・ムック>

1,944円
セッツァー・ライオット!<シンコー・ミュージック・ムック>

セッツァー・ライオット!<シンコー・ミュージック・ムック>

2,376円
Jazz The New Chapter 5<シンコー・ミュージック・ムック>

Jazz The New Chapter 5<シンコー・ミュージック・ムック>

1,836円

ページトップ