ティナ・ターナーのミュージカル『Tina』が来年秋にブロードウェイへ

今年4月にロンドンのウェスト・エンドでワールド・プレミアを迎えて以来、チケットが完売しているティナ・ターナーのミュージカル『Tina』が、来年の秋からブロードウェイで上演されることになりました。公演日程は、後日発表されます。

 

共同プロデューサーを務めたターナーは、「このミュージカルをステージで実現し、このチームと仕事が出来たことは、私にとって非常に意味があるの。いろんな意味で、この作品は私のキャリアの頂点だし、それが来年ブロードウェイで上演できて、ニューヨークの観客とシェアできるなんてワクワクするわ」と語っています。

 

このミュージカルでは、テネシー州で過ごした彼女の下積み時代から、ロックの女王に君臨するまでのライフ・ストーリーを女優のエイドリアン・ウォーレン(トニー賞受賞)が演じています。脚本は、2010年に『The Mountaintop』でローレンス・オリヴィエ賞を受賞したカトリ・ホールが手掛けました。

 

ターナーは1999年以来フルレンスのアルバムをリリースしておらず、2008年から2009年に行った50周年記念ツアーを最後に音楽活動からセミ・リタイアしていますが、1986年に出版した自叙伝『I, Tina』に続き、今年の暮れには2作目の自叙伝『Tina Turner: My Love Story』が出版されることになっています。

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

ページトップ