ライド、8/16リリースのニュー・アルバム『ディス・イズ・ノット・ア・セイフ・プレイス』より「Repetition」を公開

11月に来日公演が決定しているライド、8月に新作リリース決定です。
_________________

〈以下メイカー・インフォメーションより〉

★来日公演決定
東京:11/5 (火) EX シアター六本木
大阪:11/6 (水) 梅田クラブクアトロ

※詳しくはSMASHまで 

RIDE『THIS IS NOT A SAFE PLACE』

21年振りとなった『ウェザー・ダイアリーズ』も好評を博したライドの新作が完成。再びエロル・アルカン/アラン・モウルダーを迎えて作られた6枚目のアルバム『ディス・イズ・ノット・ア・セイフ・プレイス』、リリース。

■アーティスト:RIDE(ライド)
■タイトル:THIS IS NOT A SAFE PLACE(ディス・イズ・ノット・ア・セイフ・プレイス)
■品番:OTCD-6767
■定価:¥2,400+税
■その他:世界同時発売、付帯物等、未定。
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■発売日:8月16日[世界同時発売]

■収録曲目:

01.  R.I.D.E.
02.  Future Love
03.  Repetition
04.  Kill Switch
05.  Clouds of Saint Marie
06.  Eternal Recurrence
07.  15 Minutes
08.  Jump Jet
09.  Dial Up
10.  End Game
11.  Shadows Behind the Sun
12.  In This Room


★アルバムより「Future Love」のビデオを公開中

●Rideは2019年8月16日にWichita Recordingsよりニュー・アルバム『This Is Not A Safe Place』をリリースする。これは、2017年に21年振りにリリースされたアルバム『Weather Diaries』に続く自身6枚目のアルバムとなる。

●90年代初頭のシューゲイズ・シーンをリードした Ride は、2014年に再結成。2017年に21年振りとなるアルバム『Weather Diaries』を発表。このアルバムは Creation Records 時代に一緒に仕事をしていた Dick Green と Mark Bowen のレーベル、Wichita Recordings からリリースされ、UKチャートの11位を記録した。『Weather Diaries』のリリースとツアーの後、オックスフォードの4人は2019年のエレメントを含みながらもバンドの初期を感じさせるようなアルバムを作る為、バービカン・センターでの Jean Michel Basquiat 展や The Fall と Sonic Youth のポスト・パンク・サウンドからの影響を集め、2018年の終わりから2019年の頭にかけてレコーディングをおこなった。前作同様、プロデュースにはDJ/プロデューサー/リミキサーの Erol Alkan を起用。また、デビュー・アルバム『Nowhere』、セカンド・アルバム『Going Blank Again』、前作『Weather Diaries』に続き Alan Moulder がミキシングを担当。こうして完成した『This Is Not A Safe Place』は、Ride のトレードマークであるシューゲイズをベースに新たな創造性を取り入れ、新鮮で野心的、かつ完全に活力を取り戻したバンドの音となった。アルバムからのファースト・シングルは、ギターのレイヤーと共にシューゲイズのダイナミクスとメロディックなサイケデリアを融合させた「Future Love」だ。無垢でオプティミスティックなこの曲は Ride の愛される要因を全て詰め込んだ楽曲といっても過言ではない。


【RIDE / ライド】

1988年、英オックスフォードで結成。メンバーは Mark Gardener(G/Vo)、Andy Bell(G/Vo)、Steve Queralt(B)、Laurence Colbert(Dr)の4人。1990年に Creation よりデビュー・アルバム『Nowhere』をリリース。1992年のセカンド・アルバム『Going Blank Again』、1994年のサード・アルバム『Carnival of Light』はそれぞれ UKチャートの5位を記録しヒットするも、1996年の4枚目のアルバム『Tarantula』のリリースを待たずに解散。2001年の一時的な再結成を経て、2014年に本格的な活動を再開。2017年には21年振りとなるアルバム『Weather Diaries』を Wichita Recordings よりリリース。UKチャートの11位を記録した。

ジャパン・オフィシャル・サイト

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

THE EFFECTOR BOOK Vol.44

THE EFFECTOR BOOK Vol.44

1,728円

ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984

3,780円
CROSSBEAT Presents 最強版 ロックの50年、究極の500枚

CROSSBEAT Presents 最強版 ロックの50年、究極の500枚

2,052円

ディスク・ガイド・シリーズ #024 パンク UKエディション

2,160円

ページトップ