キャンド・ヒートのベーシスト、ラリー・テイラーが77歳で死去

米ブルース・ロック・バンド、キャンド・ヒート(Canned Heat)のベーシストだったラリー・“ザ・モール”・テイラー(Larry ‘The Mole’ Taylor)が、12年間ガンと闘った末、8月19日にカリフォルニアの自宅で亡くなりました。享年77。

ザ・モール(The Mole)の愛称で知られたテイラーは、1967年からキャンド・ヒートのベーシストとして活動し、1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルや1969年のウッドストック・フェスティバルにも出演しています。

また、セッション・プレイヤーとしても活動していたテイラーは、キャンド・ヒートの加入前にTVバンド、ザ・モンキーズの実際のベーシストを務めたほか、ジェリー・リー・ルイスのツアーや、アルバート・キング、ソロモン・バーク、バディ・ガイらのアルバムにも参加。

またジョン・メイオールのブルースブレイカーズのメンバーとしても活動し、トム・ウェイツのバンドでは、複数のアルバムに参加しています。

2014年には、「ブルース・ミュージック・アワード」の〈ベスト・インストゥルメンタリスト/ベース部門〉にノミネートされていました。

キャンド・ヒートは、今年予定されていた「ウッドストック50」(最終的に中止/MLCニュース参照)に出演する予定でした。

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

ディスク・コレクション ブルース・ロック

1,944円

BURRN! Special Edition ROCK ICONS アメリカン・クラシック・ロックの深層

2,916円

CROSSBEAT presents ロック・ミュージシャン名言集

1,028円
CROSSBEAT Presents 最強版 ロックの50年、究極の500枚

CROSSBEAT Presents 最強版 ロックの50年、究極の500枚

2,052円

ページトップ