アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの未発表アルバム、4月発売

伝説のジャズ・ドラマー、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ1959年の未発表セッションが、アルバム『Just Coolin’』として4月24日にブルーノートから発売されることになりました。

 
1958年の代表作「Moanin’(モーニン)」から数ヵ月後の1959年3月に録音されたスタジオ・セッションで、収録曲「Quick Trick」のオーディオ・ビデオが公開されています。
 
ジャズ・メッセンジャーズのメンバーは、トランペッターのリー・モーガン、サックス奏者のハンク・モブレー、ピアニストのボビー・ティモンズ、ダブル・ベーシストのジャイミー・メリット。同時に国内盤も発売されます。
Quick Trick
〈以下メイカー・インフォメーションより〉

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ、黄金期のブルーノート公式スタジオ録音が奇跡の発掘

2019年10月に生誕100周年を迎えた、モダン・ジャズ・ドラムの王様アート・ブレイキー。彼が率いた名門バンド、ジャズ・メッセンジャーズ黄金期の完全未発表スタジオ・セッションが、このたびアルバム『ジャスト・クーリン』として4月24日(金)に世界同時リリースされることが発表された。

『ジャスト・クーリン』は、1959年3月8日にニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオにて、ブルーノート・レコード創設者のアルフレッド・ライオンのプロデュースのもと正式録音されたもの。ディスコグラフィ上にセッションの記載はあったものの、60年以上も一度も世に出ていなかった幻の音源である。

アート・ブレイキー生涯の代表作であり、ハード・バップ屈指の名盤である『モーニン』(1958年10月30日)からわずか4ヵ月後の録音で、花形トランペッターのリー・モーガンに加え、テナー・サックスにはバンドの初代メンバーのハンク・モブレーが一時的に復帰。この布陣では本作が唯一の公式スタジオ録音となる。相性抜群のモーガンとモブレーをフロントラインに据えバンドが一丸となって盛り上がる、モダン・ジャズ黄金期の熱気をダイレクトに伝える全ジャズ・ファン注目の作品である。

本作の録音から5週間後のニューヨークのジャズ・クラブ「バードランド」でのライヴ盤『アット・ザ・ジャズ・コーナー・オブ・ザ・ワールド Vol. 1 & 2』(1959年4月15日)に収録された、ハンク・モブレーのオリジナルを中心とする4曲に加えて、完全未発表曲2曲(「ジメリック」「クイック・トリック」)を収録。ピアニスト、ボビー・ティモンズ作曲の「クイック・トリック」は、アルバム発売に先がけ、本日より先行デジタル配信がスタート。iTunes Storeではアルバムの予約も受付開始している。

『ジャスト・クーリン』予約、デジタル配信はこちら
商品情報
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
『ジャスト・クーリン』
【Amazon.co.jp限定特典:メガジャケ付】

CD(2020/4/24)¥2,640

1. ヒップシッピー・ブルース(Hank Mobley)
2. クローズ・ユア・アイズ(Bernice Petkere)
3. ジメリック(unknown)
4. クイック・トリック(Bobby Timmons)
5. M&M(Hank Mobley)
6. ジャスト・クーリン(Hank Mobley)

アート・ブレイキー(ds)
リー・モーガン(tp)
ハンク・モブレー(ts)
ボビー・ティモンズ(p)
ジミー・メリット(b)
★1959年3月8日、ニュージャージー、ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音
この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

ページをめくるとジャズが聞こえる 村井康司《ジャズと文学》の評論集

ページをめくるとジャズが聞こえる 村井康司《ジャズと文学》の評論集

2,200円
ジャズ超名盤研究 2

ジャズ超名盤研究 2

2,750円
ジャズメン、ジャズを聴く

ジャズメン、ジャズを聴く

2,200円
ビバップ読本 証言で綴るジャズ史

ビバップ読本 証言で綴るジャズ史

2,420円

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

ページトップ