ビリー・ブラッグ、10月発売の新アルバム『The Million Things That Never Happened』から「I Will Be Your Shield」のパフォーマンス映像公開

英シンガー/ソングライターのビリー・ブラッグが、10月8日に通算10作目のスタジオ・アルバム『The Million Things That Never Happened』をリリースすることになり、リード・シングル「I Will Be Your Shield」のパフォーマンス映像とアルバムのトレーラーを公開しました。
Billy Bragg - I Will Be Your Shield
Billy Bragg - [Album Trailer]
The Million Things That Never Happened
2017年の『Bridges Not Walls』以来となる新アルバムは、ブラッグが息子のジャック・バレロと共作した「Ten Mysterious Photos That Can’t Be Explained」を除き、全曲ブラッグがパンデミック中に一人で書き、英イーストボーンのEcho Zooスタジオでレコーディングしました。

アルバムのプロデュースは、英ロック・バンド、ザ・マジック・ナンバーズのロメオ・ストッダートと、デイヴ・イズミが担当しています。
Billy Bragg『The Million Things That Never Happened:』
1. Should Have Seen It Coming
2. Mid-Century Modern
3. Lonesome Ocean
4. Good Days and Bad Days
5. Freedom Doesn’t Come for Free
6. Reflections on the Mirth of Creativity
7. The Million Things That Never Happened
8.  The Buck Doesn’t Stop Here No More
9.  I Believe in You
10. Pass It On
11. I Will Be Your Shield
12. Ten Mysterious Photos That Can’t Be Explained

〈以下メイカー・インフォメーションより〉

ビリー・ブラッグ、8年振りとなるニュー・アルバムが完成。自身10枚目となる私たちの時代のパンデミック・ブルース・アルバム『ザ・ミリオン・シングス・ザット・ネヴァー・ハプンド』、リリース。

●2021年10月8日、ビリー・ブラッグ(Billy Bragg)はニュー・アルバム『The Million Things That Never Happened』をクッキング・ヴァイナル(Cooking Vinyl)よりリリースする。この作品は、私たちの時代のパンデミック・ブルース・アルバムで、同時に、人間の回復力に対する心からの賛辞であり、ソウルフルなカントリー・ロック12曲を収録する。アルバムはロメアオ・ストダート(Romeo Stodart)とデイヴ・イズミ(Dave Izumi)のプロデュースにより、イーストボーンのスタジオ、エコー・ズー(Echo Zoo)でレコーディングされた。ビリーの息子、ジャック・ヴァレロ(Jack Valero)との共作曲である最後の曲(「Ten Mysterious Photos That Can’t Be Explained」)を除き、全曲がビリー・ブラッグにより書かれた。アルバムからのファースト・シングルは、ビリー自身がアルバムの核心と語る「I Will Be Your Shield」となる。

●ビリー・ブラッグは30年以上にわたり、恐れを知らないレコーディング・アーティスト、疲れを知らないライヴ・パフォーマー、比類のない政治活動家として生きてきた。これまでに『Life’s A Riot With Spy Vs Spy』(1983年)、『Brewing Up With Billy Bragg』(1984年)、『Talking With The Taxman About Poetry』(1986年)、『Workers’ Playtime』(1988年)、『Don’t Try This At Home』(1991年)、『William Bloke』(1996年)、『England, Half English』(2002年)、『Mr Love & Justice』(2008年)、『Tooth & Nail』(2013年)と9枚のソロ・アルバムをリリース。その他、ウィルコとのコラボレーション・アルバム(グラミー賞にもノミネートされた1998年の『Mermaid Avenue』と2000年の『Mermaid Avenue Vol II』)やジョー・ヘンリーとのコラボレーション・アルバム(2016年の『Shine A Light : Field Recordings From The Great American Railroad』)も発表。最近では、2017年にミニ・アルバム『Bridges Not Walls』、2019年に『The Best Of Billy Bragg At The BBC 1983-2019』をリリース。「政治と個人の間の完璧なヴェン図(Venn diagram)」と『The Guardian』から評されている。また、2017年に発売された著書『Roots, Radicals and Rockers : How Skiffle Changed the World』はベストセラーとなり、近著である2019年の『The Three Dimensions of Freedom』も各国で翻訳され高い評価を得ている。

■More info:Big Nothing

商品詳細
Billy Bragg
『Bridges Not Walls』


CD(2017/11/3)輸入盤
商品情報
Billy Bragg
『Best of Billy Bragg at the BBC 1983-2019』


2CDs(2019/10/25)輸入盤
この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984

ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984

3,850円
CROSSBEAT Presents from PUNK to POST-PUNK

CROSSBEAT Presents from PUNK to POST-PUNK

1,980円
英国フォーク・ロックの興亡

英国フォーク・ロックの興亡

2,200円
ディスク・ガイド・シリーズ #032 フォーク・ミュージックU.S.A.

ディスク・ガイド・シリーズ #032 フォーク・ミュージックU.S.A.

2,200円

RELATED POSTS

関連記事

LATEST POSTS

最新記事

ページトップ