グレタ・ヴァン・フリート、バンド名の由来は地元に住む老婦人のフルネーム

1月22日から25日まで日本公演を行うグレタ・ヴァン・フリートですが、バンド名の由来が明らかになりました。

2012年に地元ミシガン州のフランケンムースで初めてギグを行うまで、当時13歳だったメンバーはバンド名など考えてもいなかったそうですが、ギグを行うにあたり、必要にかられて付けたバンド名は、近所に住む88歳の老婦人の名前でした。

当時のドラマーだったカイル・ハウクの祖父が、ある日カイルを練習場所のガレージまで送り届け、「それじゃ楽しんでおいで。俺はこれからグレトナ・ヴァン・フリートさんのために木を伐りに行ってくるよ。また後で迎えに来るから」と言った際、それを聞いたシンガーのジョシュ・キスカが「それをバンド名にしよう!」と言ったそう。

その結果、グレトナさんのスペリング〈Gretna〉から“n”を取り、グレタ・ヴァン・フリートが誕生した訳ですが、先月『デトロイト・フリー・プレス』のインタヴューを受けたグレトナさんは、次のように語っています。

「町に出ると、必ず誰かから呼び止められるの。みんな、私に会うと興奮するのよ」

「彼らの音楽は私の趣味じゃないし、それはあの子たちも知ってるわ。でも、彼らにはとても才能があるし、応援しているの。彼らの曲で気に入ってるのは、‟フラワー・パワー(Flower Power)”ね」

「(こんな名前をバンド名にするなんて)可笑しいと思ったし、こんなに長くこの名前を使い続けるなんて思ってもみなかったわ」

RELATED POSTS

関連記事

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

レッド・ツェッペリン 全活動記録 1968-2007

レッド・ツェッペリン 全活動記録 1968-2007

4,680円
CROSSBEAT Special Edition レッド・ツェッペリン 1974-1982

CROSSBEAT Special Edition レッド・ツェッペリン 1974-1982

1,620円
ZEP ON ZEP レッド・ツェッペリン インタヴューズ

ZEP ON ZEP レッド・ツェッペリン インタヴューズ

3,564円
CROSSBEAT Special Edition レッド・ツェッペリン 1971-1973

CROSSBEAT Special Edition レッド・ツェッペリン 1971-1973

1,404円

ページトップ