シンディ・ローパー、デビュー35周年を記念した4年振りの来日公演が10月に決定!

マドンナといいシンディ・ローパーといい実に元気、全く衰えを知りません。
_______________

〈以下メイカー・インフォメーションより〉

シンディ・ローパー、デビュー35周年を記念した4年振りの来日公演が決定!

 女性の社会的地位向上を明るく高らかに歌ったデビュー曲「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」で80年代前半のポップ・シーンに華々しく登場、『タイム・アフター・タイム』や『トゥルー・カラーズ』といった数々の世界的ヒットを生んだだけでなく、カラフルな髪やユニークなファッションで「自分らしさ」を貫くアーティストの先駆けとなったシンディ・ローパーの4年振りの来日公演が決定!10月8日から10月23日で、全6都市7公演を開催する。

シンディ・ローパーは、これまでのキャリアで1985年の<最優秀新人賞>を皮切りに4度のグラミー受賞、1995年には人気テレビ・コメディ『マッド・アバウト・ユー』(1992-1997)でのエミー賞<ゲスト女優賞(コメディ・シリーズ部門)>受賞、更に2013年には自身が全曲作詞・作曲を

手掛けたブロードウェイ・ミュージカル『キンキー・ブーツ』で初めてのトニー賞<オリジナル楽曲賞>も受賞し、音楽/エンターテインメント界で最も愛されるアイコンのひとり。そんな彼女のデビュー35周年を祝う、ヒット曲満載のアニバーサリー・ツアーをお見逃しなく!


【来日公演情報】

グラミー賞のみならずエミー賞、トニー賞も受賞!音楽シーンに輝き続けるポップ・アイコン=シンディ・ローパー4年振りの来日公演決定!

シンディ・ローパー デビュー35周年 Anniversary Tour

【仙台】10月8日(火) 仙台サンプラザホール     
【東京】10月10日(木)・11日(金) Bunkamuraオーチャードホール  
【名古屋】10月15日(火) 名古屋市公会堂   
【金沢】10月18日(金) 本多の森ホール    
【広島】10月21日(月) 広島上野学園ホール  
【大阪】10月23日(水) グランキューブ大阪

公演ページ

シンディ・ローパーから、かわいいアニメーション付きのボイスメッセージが届きました!

メッセージ動画はこちら
 【今すぐシンディ・ローパーのヒット曲・代表曲を聴く】

Spotifyで聴く

This Is Cyndi Lauper

Apple Musicで聴く

はじめてのCyndi Lauper
 

【関連動画】

「Girls Just Want To Have Fun」 MUSIC VIDEO

「Time After Time」 MUSIC VIDEO

「True Colors」 MUSIC VIDEO

【シンディ・ローパー:プロフィール】

1953年6月22日、米ニューヨーク生まれの歌手・女優。1978年、ロック・バンド  “ブルー・エンジェル” を結成し、80年にレコード・デビュー。83年、フィラデルフィアのバンド、フーターズのバック・アップを受けてソロ・デビューを果たす。デビュー・アルバム『シーズ・ソー・アンユージュアル』(日本発売は1984年2月25日)は、アメリカだけで600万枚、全世界で1,600万枚以上(当時)という驚異的なセールスを記録。1stシングル「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」から、全米1位を記録した「タイム・アフター・タイム」、「シー・バップ」、「オール・スルー・ザ・ナイト」とデビュー・アルバムから4曲連続で全米シングル・チャートTOP5入りを果たした初の女性ソロ・アーティストとなる。続いて、映画『グーニーズ』のサントラに参加。主題歌となったシングル「グーニーズはグッド・イナフ」も世界的な大ヒットを記録した。1986年、2ndアルバム『トゥルー・カラーズ』を発表。このアルバムからも、彼女の2曲目の全米1位曲となった「トゥルー・カラーズ」のほか、「チェンジ・オブ・ハート」、「ホワッツ・ゴーイン・オン」といったシングル・ヒットが生まれた。陽気で活力あふれる個性的な歌声とファッションで人気を博し、弾けるポップスからロマンティックなバラードまで歌いこなすエンターテイナー歌手として80年代に印象深い成果を残した。その後は女優として映画や人気TVシリーズ、ブロードウェイ・ミュージカルにも出演しており、グラミー賞と共にエミー賞やトニー賞の受賞経験もある。

2005年には米国の同性愛者やその家族・友人を支援する団体 PFLAG の「Stay Close Campaign」に姉妹で初参加。その後も現在に至るまで、女性の社会的地位向上や LGBTQ コミュニティ、および HIV/エイズと共に生きる人々に対する支援活動を続けており、自身が設立した慈善団体(トゥルー・カラーズ・ユナイテッド)では、ホームレスになってしまう LGBTQ の若者をなくすべく活動を行っている。

2011年には、キャリア初となるブルース・アルバム『メンフィス・ブルース』を発表。グラミー賞にノミネートされた。大の親日家としても知られており、2011年の東日本大震災の際には多くの来日公演が中止となる中、日本ツアーを敢行。日本中のファンを勇気づけてくれた。さらに翌2012年、2015年にもツアーも行い、2013年には夏フェス(サマソニ)に参加した。2013年には、ブロードウェイ・ミュージカル『キンキーブーツ』で、全曲作詞・作曲を担当。自身初のトニー賞を受賞している。2019年10月には、自身のデビュー35周年を記念した、4年振りとなる来日公演が決定している。

 

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

CROSSBEAT Presents 80年代洋楽完全ガイド<シンコー・ミュージック・ムック>

1,944円
ディスク・コレクション 女性シンガー・ソングライター

ディスク・コレクション 女性シンガー・ソングライター

2,484円
ディスク・ガイド・シリーズ #023 ポップ・ヴォーカル

ディスク・ガイド・シリーズ #023 ポップ・ヴォーカル

2,160円
ブルー・アイド・ソウルの宝石箱

ブルー・アイド・ソウルの宝石箱

2,160円

ページトップ