ブライアン・メイが「We Are The Champions」の特別ヴァージョンを披露

6月24日から29日にかけて、スイスのチューリッヒで第5回「スターマス・フェスティバル(Starmus Festival)」が開催され、初日のコンサート〈Once Upon A Time On The Moon〉にブライアン・メイが出演しました。

「We Are The Champions」や「Who Wants To Live Forever」では、オーケストラをバックに、ハンス・ジマー(ドイツの作曲家/映画音楽で有名)、スティーヴ・ヴァイ、リック・ウェイクマンらと共演し、イタリア人テノール歌手のヴィットリオ・グリゴーロ(Vittorio Grigolo)がヴォーカルを担当しました。また、メイが作詞作曲したクイーンの「’39」では、メイ本人がヴォーカルを披露しています。

このフェスティバルは、天文学や宇宙探索、音楽、アート、科学に焦点をあてた国際的な祭典で、ステージの最後には、宇宙飛行士のバズ・オルドリン、チャールズ・デューク、ハリソン・シュミットも舞台に登場しています。

また、水曜日のプログラム〈Back To The Moon〉では、天文学者でもあるメイが、昨年10月に出版したアポロ11号に関する新刊『Mission Moon 3-D』(10月18日MLCニュース参照)をオーディエンスに紹介しており、観客の中には新しいドキュメンタリー映画『アポロ11』の監督を手掛けたトッド・ミラーの他、ピーター・ガブリエルやブライアン・イーノも顔を揃えていました。

 

Brian May 39‘ starmus 2019

RELATED POSTS

関連記事

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

ランキング!クイーン 新装版

ランキング!クイーン 新装版

1,296円
ロック・ジェット Vol.76

ロック・ジェット Vol.76

1,404円
クイーンと過ごした輝ける日々

クイーンと過ごした輝ける日々

1,944円
クイーン詩集 完全版

クイーン詩集 完全版

3,240円

ページトップ