フレディの命日11月24日(日)、今年もシンコーミュージックのイベント・スペースにて追悼献花式を開催(11/19追記)

昨年の11月24日もたくさんの方が献花をしてくださいました


没後30年以上を経た現在もなお、音楽の力を世界中に知らしめる唯一無二のエンターテイナー、フレディ・マーキュリー。そして、今年も間もなく11月24日(日)がやって来ます。これまでミュージック・ライフ誌を始め、多くのクイーン関連出版物を発行してきた株式会社シンコーミュージック・エンタテイメントでは、昨年に引き続き、フレディの音楽シーンへの功績を讃え、その生涯を追悼する献花式を行わせていただきます。

献花式会場には、直筆サインの展示や、寄せ書きボードなどを準備いたします。献花を希望される方は、お花をご持参ください。また、会場にて、クイーン関連の書籍の販売を行い、収益の一部をエイズ撲滅を願うマーキュリー・フェニックス・トラストへ寄付させていただきます。入場は無料です。どうぞ、お気軽にご参加ください。
 

フレディ・マーキュリー追悼献花式

■日時:11月24日(日)11:00~17:00 入場無料

■場所:シンコーミュージック・アネックス・ビル1階
 イベント・スペース “ブレイクセカンド” (東京都千代田区神田錦町1-14)
 地下鉄千代田線:新御茶ノ水駅 / 丸ノ内線:淡路町駅 / 都営新宿線:小川町駅 
 B7 出口 徒歩3分
 JR 御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩10分

■当日、献花台を設置いたします。献花をなさりたい方はお花をご持参下さい。

■小さな会場故、混雑が生じた場合は入場整理券を発行させていただきます。

──────────────────
(11月19日追記)

永遠のスーパースター、フレディ・マーキュリーの生涯を秘蔵写真でたどる『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 The Great Pretender』が光文社より発売に。こちらの書籍を当日会場で販売します。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の世界的大ヒットにより、再び脚光を浴びるフレディ・マーキュリー。いまだにその影響力を感じる中、光文社より写真集『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 The Great Pretender』が11月20日に発売されます。

アフリカ大陸東岸のザンジバル島でファルーク・バルサラとして生を享けた彼は、いかにして20世紀最大のポップ・カルチャー・アイコンとなり得たのか? 数々の秘蔵写真と読み応えのある文章で追う遺族公認のフォト・バイオグラフィー。
『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ役を演じたラミ・マレックが寄稿した序文も必見です。
フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生
The Great Pretender

川崎大助 訳

発売:光文社
2019年11月20日発売(アマゾンは19日)
A4判上製本、160ページ、オールカラー
本体価格 3,000円

RELATED POSTS

関連記事

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

MUSIC LIFE 特集●フレディ・マーキュリー/QUEEN

MUSIC LIFE 特集●フレディ・マーキュリー/QUEEN

2,860円
MUSIC LIFE 特集●ブライアン・メイ/QUEEN

MUSIC LIFE 特集●ブライアン・メイ/QUEEN

3,190円
MUSIC LIFE 特集●ジョン・ディーコン/QUEEN

MUSIC LIFE 特集●ジョン・ディーコン/QUEEN

2,860円

MUSIC LIFE 特集●ロジャー・テイラー/QUEEN

2,640円

ページトップ