ビートルズの会話を録音したテープが『アビイ・ロード』に続くアルバム計画を暴露

ビートルズが1969年に発表したアルバム『アビイ・ロード』は、ビートルズが絶頂期に解散するために制作した最後のアルバムと言われていますが、ガーディアン紙の記事によると、ビートルズの歴史家であるマーク・ルーイスン氏(Mark Lewisohn)が発掘したテープには、新たな事実が録音されているということです。
 
ルーイスン氏は、ビートルズの歴史をよく知る世界トップレベルの専門家として定評があり、60年代のどの日にどのメンバーが何をしていたかを語れるほどの知識があるとされています(弊社刊『ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版』の著者として有名)。

今月、『アビイ・ロード』の50周年を記念してロンドンで開催される彼のライヴ・ショウ「ホーンジー・ロード(Hornsey Road)」では、テープや映像、写真、オーディオ・ミックス、メモラビリアなどを使い、驚きと興奮、ユーモアを交え、ビートルズと『アビイ・ロード』の歴史が語られる予定になっています。
 
ルーイスン氏が、今回ガーディアン紙に聞かせたテープは、『アビイ・ロード』発売前の1969年9月8日に、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンの3人がロンドンのアップル本社で行なったミーティングを録音したもので、腸の検査で入院中のリンゴ・スターに聞かせるため、レノンが持参したカセット・レコーダーのスイッチを入れ、「リンゴ、キミはここにいないけど、こうして録音しておけば、僕らが何を話し合ってるか聞けるからね」と、冒頭で話しかけているということです。
 
彼ら3人が話していたのは、アルバムをもう1枚作り、クリスマス・シーズンにシングルをリリースする計画で、ルーイスン氏はガーディアン紙に次のように語っています。

「ビートルズに関する本では、『アビイ・ロード』が最後のアルバムになることを彼らが知っていて、絶頂期に解散したがっていたと以前から伝えていますが、それは違います。彼らは次のアルバムについて話し合っていますからね。それに、ビートルズを解散させたがっていたのはジョンだと思われていますが、このテープを聞けば、そうでないことがわかります。このテープは、我々が知っていたと思っていたほとんど全てのことを書き換えるのではないでしょうか?」
 
テープには、各メンバーが、ニュー・シングルの候補曲を持ち込むよう提案するジョンの声が収録され、次のアルバムでは、ジョン、ポール、ジョージが4曲ずつ平等に、リンゴは彼が希望すれば2曲だけを提供すべきだとも語っているのですが、その提案に不満なポールは、「このアルバムまで、ジョージの曲はそれほど良くないと思ってた」と言い出し、それを聞いたジョージは、「それは好みの問題だよ。そのうち世間から気に入ってもらえるんだからさ」と切り返しています。
 
またジョンは、「レノン&マッカートニー名義」にも言及し、クレジット上だけのパートナーシップを止め、独自の曲は個々にクレジットされるべきだと語り、『アビイ・ロード』に収録したポールの奇抜な曲「Maxwell’s Silver Hammer」を気に入っているメンバーが他にいないため、フォーク・シンガーのメアリー・ホプキンみたいな外部のアーティストに提供すべきだと提案しているのですが、ポールは、「あの曲は好きだから録音したんだよ」と答えています。
 
ビートルズの解散にも繋がったメンバー同士の確執は、イギリス各地で21公演が予定されているルーイスン氏のライヴ・ショウ「ホーンジー・ロード」の一部となっています。以下のリンクはそのオフィシャルサイト。

 

RELATED POSTS

関連記事

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

「MUSIC LIFE 1990年代のビートルズ」

1,512円
MUSIC LIFE ザ・ビートルズ ホワイト・アルバム・エディション<シンコー・ミュージック・ムック>

MUSIC LIFE ザ・ビートルズ ホワイト・アルバム・エディション<シンコー・ミュージック・ムック>

1,512円
ビートルズ超定番ソングブック120

ビートルズ超定番ソングブック120

2,592円
MUSIC LIFE サージェント・ペパー・エディション<シンコー・ミュージック・ムック>

MUSIC LIFE サージェント・ペパー・エディション<シンコー・ミュージック・ムック>

1,512円

ページトップ