天才POP職人、マイク・ヴァイオラのLAでのライヴを生配信! 日本時間2/15(土)13:00より

ビートルズから連綿と続くポップ遺伝子を受け継ぐアーティストの一人、マイク・ヴァイオラ。昨年11月11日MLCニュースでお伝えした通り、そうした遺伝子を受け継ぐアーティスト/グループのCDシリーズで、単独ベストと楽曲収録コンピがリリースされています。そんなマイク・ヴァイオラの、ライヴの生配信のお知らせです!

────────────────
〈以下メイカー・インフォメーションより〉

マイク・ヴァイオラのLAでのライヴを生配信! 日本時間2/15(土)13:00より

LA時間2月14日にマイク・ヴァイオラ(Mike Viola)がLAのライヴハウス、ゴールド・ディガーズ(Gold Diggers)でライヴを行ないます。その模様を生配信することが決定しました! 2/15(土)13:00~と日本でも見れるわけです。視聴しやすい時間帯ですし、是非とも多くの皆さんに見てほしいですね!Don't Miss It!
 
★配信はこちらのリンクより(*当日のネット環境によっては予定変更の可能性もございますのでご了承ください)
★ライヴ詳細:Gold-Diggers
★詳細はこちら

────────────────
 

【マイク・ヴァイオラ・バイオグラフィ】
 

マサチューセッツ州ボストンの郊外に生まれ育ち、ビートルズ、ビーチ・ボーイズ、エルトン・ジョンなどのレコードに刺激を受けて、幼くして音楽の才能を発揮した。8歳のときから曲を書き始め、13歳でバンドを組んでプロのミュージシャンとなる。1996年にキャンディ・ブッチャーズというバンドでメジャー・デビュー。同年にはトム・ハンクス監督の60年代の架空のビート・グループを描いた映画『すべてをあなたに/That Thing You Do』に、ファウンテインズ・オブ・ウェインのアダム・シュレンジャーと組んで挿入歌を提供。グラミー賞を獲得した同名主題歌をクレジット無しで歌った。1999年のマイク・ヴァイオラ&ザ・キャンディブッチャーズ名義で「フォーリング・イントゥ・プレイス」をソニー傘下のRPMから発表。

キャンディ・ブッチャーズはアルバム3枚でその看板を下ろし、2005年以降のマイクはソロ名義で活動。プロデューサー業にも力を入れるようになり、これまでにジェニー・ルイス、マンディ・ムーア、レイチェル・ヤマガタ、フォール・アウト・ボーイなどを手掛けてきた。また、2000年代前半は、ライアン・アダムズのバンドにも加わり、ギタリスト兼共同プロデューサーとして重要な役割を果たし、2015年には彼と一緒にフジ・ロック・フェスティヴァルにも出演した。

これまでに自分名義で、最新アルバム『ジ・アメリカン・エジプト』を含む10枚以上のアルバムとEPを発表してきたが、それに加え、仲の良いブルウ、ジェリーフィッシュのアンディ・スターマーとのプロジェクト、LEOによるELOへのオマージュをこめた08年のアルバム『アルパカス・オーグリング』や、ディジー・ミズ・リジーのティム・クリステンセンと組んで、ポール・マッカートニーのアルバム『ラム』をライヴで完全再現した2013年のアルバム『ピュア・マッカートニー』など、先達にたっぷりの敬意を払う作品も発表している。

2016年にヴァーヴ・レコードのA&R部門の重役に就任。現在もアーティスト活動と掛け持ちで活躍している。今年2019年は彼が数年かけて育ててきたアーティストが見事花開いた年となり、2020年2月に発表されるグラミー賞で、マディソン・カニンガム、J.S.オンダラが最優秀アメリカーナ・アルバムの候補となっている。

商品情報
マイク・ヴァイオラ
『ザ・ベスト・オブ・マイク・ヴァイオラ』

CD(2020/1/22)¥1,980
 
1. ストロベリー・ブロンド
2. サウンドトラック・オブ・マイ・サマー
3. ホエン・アイ・ホールド・ユー・イン・マイ・アームズ
4. イット・ダズ・ア・ナンバー・オン・マイ・ブレイン
5. ゲット・ユー・バック
6. ヒア・ウィ・ゴー・イッツ・クリスマス・タイム
7. スパークル
8. エル・ムンド・デ・パーフェクト
9. フォーリング・イントゥ・プレイス
10. スーパーキッド
11. グッド・アイデアズ・グロウ・オン・トゥリーズ
12. ブレイク・ユア・ハート
13. ユー・ビロング・トゥ・ミー・ナウ
14. ホワット・トゥ・ドゥ・ウィズ・マイケル
15. エヴリシングズ・グレイト
16. ミュータント・ニンジャ・タートル
17. ヘア・オブ・ザ・ドッグ
18. ガーリー・ワーム
19. ギヴ・ミー・ア・セカンド・チャンス・フォー・クリスマス
20. サウンド・オブ・マイ・オウン・ヴォイス
21. キング・コング・ハンド
22. すべてをあなたに(Bonus Tracks)
23. 悲しきLA天国(Bonus Tracks)
この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

ディスク・ガイド・シリーズ #023 ポップ・ヴォーカル

ディスク・ガイド・シリーズ #023 ポップ・ヴォーカル

2,200円
魔法の音楽 アメリカン・ポップス黄金時代とその舞台裏

魔法の音楽 アメリカン・ポップス黄金時代とその舞台裏

3,080円
バート・バカラック自伝 ザ・ルック・オブ・ラヴ

バート・バカラック自伝 ザ・ルック・オブ・ラヴ

3,080円
ブルー・アイド・ソウルの宝石箱

ブルー・アイド・ソウルの宝石箱

2,200円

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

ページトップ