名プロデューサー、デイヴィッド・フォスターのドキュメンタリーがトロント国際映画祭で初上映

数多くの有名アーティストのアルバムをプロデュースし、ソングライターや編曲家でもあるカナダ人音楽家、デイヴィッド・フォスター(69歳)のドキュメンタリー『David Foster: Off the Record』が、9月5日から15日に開催されるトロント国際映画祭で初上映されることになりました。

フォスターは、ホイットニー・ヒューストン、シカゴ、チャカ・カーン、セリーヌ・ディオン、マドンナ、マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダーなど、トップ・アーティストの作品をいくつも手がけ、数えきれないほどのヒット曲を生み出しています。

バリー・アヴリッチが監督を務めたドキュメンタリーには、バーブラ・ストライサンドやセリーヌ・ディオン、マイケル・ブーブレ、ジョシュ・グローバンらのインタヴューがフィーチャーされているそうです。

RELATED POSTS

関連記事

記事が見つかりませんでした

LATEST POSTS

最新記事

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

AOR AGE Vol.13

1,620円

魔法の音楽 アメリカン・ポップス黄金時代とその舞台裏

3,024円
音楽の架け橋 快適音楽ディスク・ガイド

音楽の架け橋 快適音楽ディスク・ガイド

2,268円

ディスク・コレクション グルーヴィ・ソウル

1,944円

ページトップ