元ベイ・シティ・ローラーズのイアン・ミッチェルが62歳で死去

スコットランド出身のポップ・ロック・バンド、ベイ・シティ・ローラーズのギタリストだったイアン・ミッチェル(Ian Mitchell)が9月1日、咽頭ガンのため62歳で亡くなりました。

ベイ・シティ・ローラーズがフェイスブックで訃報を伝えています。
 

「我々は、イアン・ミッチェルの訃報に深く悲しんでいます。彼の妻ウェンディとご家族、そして友人の方々にお悔やみを申し上げます。イアン、安らかに」

 

当時17歳だったミッチェルは、ローラーズのオリジナル・ベーシストだったアラン・ロングミュアーの後任として1976年に加入(イアンはサイド・ギタリストとして加入、それまでサイド・ギタリストだったスチュアート・ウッドがベーシストに)。すでにティーンエイジャーのアイドルとなっていたローラーズは、「バイ・バイ・ベイビー」や「サタデー・ナイト」などが世界中で大ヒットしていました。

 

ミッチェルは、ローラーズ1976年のアルバム『Dedication』(邦題『青春に捧げるメロディ』)に参加し、タイトル曲でリード・ヴォーカルを担当。同アルバムのアメリカ盤に収録されたダスティ・スプリングフィールドのカヴァー曲「二人だけのデート(I Only Want to Be With You)」は、全米チャートの12位を記録しました。

I Only Wanna Be With You
Bay City Rollers - 1976

しかしながら同年11月、ミッチェルは在籍期間わずか7ヵ月でローラーズを脱退し、ポップ・ロック・バンドのロゼッタ・ストーンを結成。イギリスのTV番組に出演し、日本やタイでツアーも行ない、1978年にデビュー・アルバム『Rock Pictures』をリリースしましたが、ミッチェルは翌1979年に脱退し、その後は映画に出演したり、イアン・ミッチェルズ・ベイ・シティ・ローラーズとして活動していました。

 

ミッチェルの訃報を受け、ローラーズのバンド仲間だったギタリストのスチュアート・“ウッディ”・ウッドが追悼メッセージを発表しています。

 

「イアン・ミッチェルの訃報は非常に悲しい。(妻の)ウェンディとイアンのご家族、友人の方々に心からお悔やみを申し上げます。キミは、今も僕らの心の中にいる。ローラーズ時代だけでなく、イアンとは80年代にパッセンジャーズと演奏した時の懐かしい思い出がたくさんある。素敵な人々との素晴らしい日々だった! イアン、キミの死はとても惜しまれるだろう」

この記事についてのコメントコメントを投稿

この記事へのコメントはまだありません

バンド・スコア ミュージック・ライフ世代の洋楽ヒッツ!!

バンド・スコア ミュージック・ライフ世代の洋楽ヒッツ!!

3,850円
バンド・スコア MUSIC LIFE presents ブリティッシュ・ロック・インヴェイジョン

バンド・スコア MUSIC LIFE presents ブリティッシュ・ロック・インヴェイジョン

4,180円
大人の洋楽 歌ブック120

大人の洋楽 歌ブック120

3,080円
ピアノ・ソロ&弾き語り 70年代洋楽の定番曲あつめました。[保存版]

ピアノ・ソロ&弾き語り 70年代洋楽の定番曲あつめました。[保存版]

2,640円

RELATED POSTS

関連記事

LATEST POSTS

最新記事

ページトップ